腰 痛い 改善

腰 痛い 改善

朝起きてベットから出るのがツライ

 

ベッドで寝ているのですが、朝起きようとする際に、先ず身体をまっすぐに起こせない状態です。また、寝返りを打つにも身体を左右に反転させる際に、腰に力が入らず、中々反転することができません。従って、ベッドから降りようとして左側を下にしようとしても中々反転できず、更に脚をベッドの外に降ろした状態で腹筋を使って上半身を起こそうとしても腰に電気が走ったような痛みですぐには起きられません。

 

手も使ってやっと上半身を起こして、ベッドに腰掛けたような状態に持っていくだけでも大仕事です。そこから、立ち上がるのですが、腰に力が入らないため、反動をつけて、えいやっと主に脚の力を使って立ち上がります。

 

やっとの思いで立ち上がっても、腰がまっすぐ伸ばせない状態のため、まるでゴリラが立ちあがったような感じで、脚を曲げ、お尻を後ろに突き出し、上半身は胸を張ったような形でしか立っていられない状態です。ここから着替えるのも一苦労です。上半身のパジャマを脱ぐのは、それほど辛くはないのですが、下半身のパジャマのズボンを脱ぐのも痛さを堪えながら何とか行っている状態です。

 

 

体幹を支える筋肉が炎症しての痛み

 

腰の痛みを抑える効果のある塗り薬(バンテリンのようなもの)を患部に塗り、また患部を衣服の上に貼るタイプのカイロで温めました。発症当日の夕方に出かけなくてはならない用件があったため、それまでに症状を改善して、何とか車で出かけられるようにする必要があったのです。

 

しばらくは安静にしていましたが、寝ているだけでは回復も望めないため、塗り薬を用法にうたわれている回数(一日に二・三回程度)を上回る回数(倍はいっていました)を患部に塗りながら、カイロで患部を温めながら、痛みが強くならない範囲で腰を伸ばしたり、拳でマッサージしたりし続けていました。また、自宅に電動のマッサージチェアがあるため、これに掛かって全身マッサージを中心に腰のマッサージも集中的に行いました。

 

何が良かったのか判りませんが、当日の午後にはある程度痛みを我慢して動けるようになり、無事に用件を済ませる事ができました。おそらく、患部を温めて血行を良くしたこと、マッサージを続けたことも血行の改善に効果があったのでしょう。私の腰痛は、背骨から来たものではなく、体幹を支える筋肉が炎症を起こしていたものと思われますので、マッサージなどが効果的だったのだろうと思います。

このような記事が一緒に読まれています♪